川口の予防歯科・インプラント・矯正歯科
『川口 予防歯科・自由診療ガイド』│
インプラント

インプラント

implant インプラント

インプラントとは implant

インプラントとは

歯周病などで歯を失ったとき、顎の骨に生体親和性に優れたチタンでできたインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミック(白い陶材)でできた人工歯を装着する治療方法です。

顎の骨とインプラントが結合して一体化するので、ずれたり外れたりすることなく、硬いものでも自分の歯のように力を入れてしっかりと噛むことができます。また、人工歯によって自分の歯のような自然な輝きと色調を再現できるので、日常生活のなかで周りの人からインプラントと気づかれることはありません。

失った歯の代わりになるという意味では、入れ歯やブリッジと同じですが、歯肉の上に乗せるのではなく、顎の骨から補うという部分において、入れ歯やブリッジとは大きく異なります。

このように、インプラントは機能性と審美性に優れたメリットの多い治療方法ですが、自由診療なので治療費が高額になります。また、治療後は自分の歯のとき以上にしっかりとケアしないと、インプラント周囲炎という歯周病のような症状を発症し、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラントはすべての方に適用できるというわけではないので、メリット・デメリットをきちんと理解し、歯科医師に相談したうえで治療を受けることが大切です。

入れ歯・ブリッジとの違い difference between dentures bridge

入れ歯・ブリッジとの違い

失った歯を補う治療方法には、インプラントのほかに入れ歯やブリッジがあります。
それぞれに以下のような違いがあるので、さまざまな角度から比較し、歯科医師に相談したうえで自分に合うものを選びましょう

咀嚼力 (噛む力)

入れ歯 総入れ歯は自分の歯の10~20%、部分入れ歯は30~40%まで減少する

ブリッジ ブリッジをかける歯の状態によるが、自分の歯の約60%に減少する

インプラント 自分の歯とほぼ同じ力で噛める

噛み心地

入れ歯 硬いものや粘着性のあるものが食べにくい

ブリッジ 支えとする両隣の歯が健康であれば、自分の歯とあまり変わらない力で噛める

インプラント 自分の歯とほぼ同じ力で噛める

見た目

入れ歯 保険診療のものは留め金などが見えるので、入れ歯であることがわかる

ブリッジ 自由診療のセラミックにすることで、自然に仕上がる

インプラント 自分の歯とほぼ同じく自然に仕上がる

ほかの歯への負担

入れ歯 部分入れ歯は留め金を掛けた歯がぐらつくようになるので、将来的に抜歯する可能性が高くなる

ブリッジ 支えとする両隣の健康な歯を削る必要がある

インプラント 歯を失った部分だけ治療するので、健康な歯を傷つけることがない

味覚・温度

入れ歯 保険診療のものは味覚や温度を感じにくい

ブリッジ 自分の歯とほぼ同じように味覚や温度を感じられる

インプラント 自分の歯とほぼ同じように味覚や温度を感じられる

顎の骨の吸収 (※)

入れ歯 歯を失った部分から少しずつ、骨が吸収されていく

ブリッジ 歯を失った部分から少しずつ、骨が吸収されていく

インプラント インプラントを埋め込むことで骨に刺激が届き、骨が吸収されない

※咀嚼の刺激が顎の骨に届かず、骨が痩せて骨量が少なくなる現象

使用できる年数

入れ歯 歯肉が痩せて合わなくなるので、約7~8年となる

ブリッジ 顎の骨の吸収の度合いによって変わるが、約7~8年となる

インプラント アケを怠らなければ、約30年使える

治療期間

入れ歯 自由診療のものでなければ、短期間で終わる

ブリッジ 自由診療のものでなければ、短期間で終わる

インプラント 骨とインプラントの結合を待つので、長期間に及ぶ

治療費

入れ歯 保険診療のものであれば低額ですむ

ブリッジ 保険診療のものであれば低額ですむが、自由診療のセラミックにすると高額になる

インプラント 自由診療なので高額になる

治療後の問題点

入れ歯 歯肉が痩せるたびに調整が必要になり、約7~8年ごとにつくり直す必要がある

ブリッジ 顎の骨の吸収の度合いや歯肉の状態によって、約7~8年ごとにつくり直す必要がある

インプラント インプラント周囲炎に注意し、定期的にメンテナンスを行なう必要がある

治療の流れ flow of treatment

インプラント治療は、一般的には以下のような流れで行なわれます。

カウンセリング

step 01カウンセリング

患者様の口を拝見し、お悩みやご要望などをお聞きします。
インプラントの治療方法、治療期間、治療費などの概要をご説明するので、不安や疑問がありましたらお気軽にお尋ねください。

検査と治療計画

step 02検査と治療計画

口腔内写真撮影、レントゲン写真撮影、CT撮影、顎の骨の位置・大きさ・硬さの把握など、さまざまな角度から検査を行ないます。
その検査結果をもとに治療計画を立て、患者様に丁寧にご説明します。

一次手術(インプラント埋入)

step 03一次手術(インプラント埋入)

歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、インプラントを埋め込みます。
インプラントの上部を歯肉で覆って縫合します。

治癒期間

step 04治癒期間

通常約3~6ヵ月の治癒期間を設け、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。
この期間は、仮歯を使用できることもあります。

二次手術(アバットメント装着)

step 05二次手術(アバットメント装着)

歯肉を再び切開し、インプラントの上部を出し、そこにアバットメント(インプラントと人工歯を連結する装置)をつける手術を行ないます。
通常約1~6週間の治癒期間を設け、歯肉が元の状態になるのを待ちます。

人工歯の作製・装着

step 06人工歯の作製・装着

型を取り、患者様の歯の色や形に合った人工歯をつくってインプラントにつけます。
これで治療が終わります。

定期検診

step 07定期検診

日常的に丁寧なケアを行なっていただくことが大前提ですが、3~6ヵ月に1回、歯科医院で定期検診を行ないます。定期検診では、虫歯や歯周病の有無、歯並び、噛み合わせ、インプラント周囲炎の有無、人工歯の緩みなどの確認を行ないます。
定期検診を受けることで、インプラントを長期間安全に使うことができ、口の健康維持にもつながります。

All-on-4 All-on-4

All-on-4とは All-on-4とは

All-on-4とは

通常のインプラントは、失った歯の数だけインプラントを埋め込みますが、『All-on-4』(オールオンフォー)は、歯が1本もない状態でも、最少4本のインプラントをバランスよく埋め込むことで、10~12本分の固定式の人工歯を支え、その日のうちに歯列全体を回復できる治療方法です。そのため、外科手術による身体への負担や治療費を軽減することができます。
総入れ歯の方や、残っている歯の保存が難しい方にお勧めの方法です。

メリット デメリット
  • 最少4本のインプラントだけで人工歯を支えるので、治療費を抑えられる
  • 外科手術を行なう範囲が狭いので、手術時間が短い。また、痛みや腫れなどが出にくいので負担が少ない
  • 顎の骨が十分に残っていることの多い前方にインプラントを埋め込むので、骨を増やさず治療できる可能性が高い
  • 手術後すぐに人工歯を入れられるので、食事や会話に支障が出にくい
  • 天然歯の残っていない顎にしか適応しないので、健全な歯が残っていても抜歯する必要がある
  • 口や身体の状態により、治療を受けられないことがある

治療の流れ flow of treatment

All-on-4は、一般的には以下のような流れで行なわれます。

step 01カウンセリング

患者様の口を拝見し、お悩みやご要望などをお聞きします。
All-on-4の治療方法、治療期間、治療費などの概要をご説明するので、不安や疑問がありましたらお気軽にお尋ねください。

step 02検査と治療計画

口腔内写真撮影、レントゲン写真撮影、CT撮影、顎の骨の位置・大きさ・硬さの把握、口腔内模型の作製など、さまざまな角度から検査を行ないます。
その検査結果をもとに治療計画を立て、患者様に丁寧にご説明します。

step 03インプラント埋入手術

歯肉を切開して穴を開けるフラップ法、またはパンチを使って歯肉に穴をあけるフラップレス法を行ない、インプラントを埋め込みます。
その上にアバットメント(インプラントと人工歯を連結する装置)をつけ、フラップ法であれば歯肉を縫合し、アバットメントの上部が歯肉の上に出ている状態にします。

step 04仮歯の装着

出血が落ち着くまでガーゼを噛み、30~60分間休憩します。
その後、噛み合わせを確認し、10~12本の歯が並んだ仮の人工歯をつけます。

step 05治癒機関

通常約1~6ヵ月の治癒期間を設け、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。

step 06人工歯の作製・装着

仮歯から人工歯に替え、噛み合わせの確認を行ないます。

step 07定期検診

3~6ヵ月に1回、歯科医院で定期検診を行なって虫歯や歯周病の有無、噛み合わせ、インプラント周囲炎の有無などを確認します。