川口の予防歯科・インプラント・矯正歯科
『川口 予防歯科・自由診療ガイド』│
矯正治療の種類

矯正治療の種類

orthodontic treatment 矯正治療の種類

メタルブラケット metal bracket

メタルブラケット

歯の表側につける装置で、矯正治療で最も多く使われる一般的なものです。それぞれの歯にブラケットというパーツをつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かすもので、ブラケットが金属でできています。「矯正装置」と聞いて多くの方がイメージする装置が、この『メタルブラケット』です。

ブラケットが金属でできているため、どうしても目立ってしまいますが、セラミックブラケット(ブラケットがセラミックという白い陶材でできている装置)などの装置に比べて、治療費が低価格となります。また、ほとんどの症例を治療でき、治療期間もほかの矯正装置に比べて短期間となります。
口元の審美性をあまり重視せず、治療期間や治療費の負担を減らしたいという方にお勧めの装置です。

メリット デメリット
  • ほとんどの症状を治療できる
  • ほかの矯正装置に比べて、治療期間が短い
  • ほかの矯正装置に比べて、治療費が低価格
  • 装置が銀色で目立つ
  • 慣れるまで違和感や不快感を覚えたり、口内炎になることがある
  • 慣れるまで食事や歯磨きがしづらい
  • 金属アレルギーの方は使えない

セラミックブラケットceramic bracket

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じ仕組みの装置ですが、『セラミックブラケット』はブラケットがセラミックという白い陶材でできています。

ブラケットがセラミックでできており、歯の色に近いので、メタルブラケットなどの装置に比べると目立ちませんが、治療費が高額になってしまいます。ただし、ほとんどの症例を治療でき、治療期間もメタルブラケットとほぼ同じです。
治療費が高額になっても、口元の審美性を重視したいという方にお勧めの装置です。

メリット デメリット
  • メタルブラケットに比べ、装置が目立たない
  • ほとんどの症状を治療できる
  • ほかの矯正装置に比べて、治療期間が短い
  • 金属アレルギーの方でも使える
  • メタルブラケットに比べ、費用が高額になる
  • 慣れるまで違和感や不快感を覚えたり、口内炎になることがある
  • 慣れるまで食事や歯磨きがしづらい

マウスピース矯正 mouthpiece correction

マウスピース矯正

ブラケットなどの装置を使うのではなく、マウスピースをつけて歯を動かす装置です。

透明で薄いマウスピースなので、つけていても目立ちません。また、取り外せるので、通常どおりに食事や歯磨きができ、装置自体も洗浄できるので、衛生的です。ただし、装着時間が短いと治療効果が現れにくくなってしまいます。
人前に出るお仕事をされている方など、口元の審美性を重視したいという方にお勧めの装置です。

メリット デメリット
  • 装置が目立たない
  • 取り外せるので、通常どおりに食事や歯磨きができる
  • 取り外して洗浄できるので、衛生的
  • 金属アレルギーの方でも使える
  • 1日20時間以上つけていないと治療効果が現れにくくなる
  • 症例によっては治療に時間がかかったり、治療できないことがある
  • 就寝時もつけるため、強い歯ぎしりで割れることがある

プチ矯正 petit correction

プチ矯正

口を開けたときに一番目立つのは前歯です。そのため、「出っ歯を治したい」「隙間をなくしたい」など、前歯だけの治療を希望される方がいらっしゃいます。
そのような方にお勧めなのが、前歯の気になる部分だけ治療できる『プチ矯正』です。

部分的な治療なので、治療期間や治療費が負担になりません。ただし、症例によっては治療できないこともあるので、まず検査を受けていただいてから、治療の可否をお伝えします。

メリット デメリット
  • 装置を歯列全体につけなくてすむ
  • 治療期間が約3~6ヵ月と、通常の矯正の3~5年に比べ短い
  • 全体的に治療する通常の矯正に比べ、低価格
  • 通院頻度が2~3週間に1回と、通常の矯正の約1~1.5カ月に比べ多くなる
  • 症例によっては、治療できないことがある
  • 顎の骨の位置に問題があると、治療できない
  • 全体的な噛み合わせの考慮が難しい

床矯正 floor correction

床矯正

歯並びの悪いお子様は、きちんと歯磨きできず虫歯になったり、噛み合わせの悪さから身体の歪みや不調を引き起こすなど、口だけでなく全身の健康に影響します。
そんなお子様にお勧めなのが、乳歯の段階、または永久歯が生えそろってからすぐに行なう小児矯正です。お子様は身体の成長にともない顎の骨も成長するので、それを利用して歯がきれいに並ぶよう導くことができます。

小児矯正のなかでも、とくに前歯が永久歯に生え変わったときに行なうと良いとされているのが『床矯正』です。装置についているねじ少しずつ回して狭い歯列を拡大し、歯がきちんと並ぶようスペースをつくって将来きれいに整った歯並びになるよう導きます。
取り外しできる装置を使い、抜歯することなく治療できますが、ねじを回し忘れたり装着時間が短いと効果が現れにくくなるので、自己管理を徹底する必要があります。

メリット デメリット
  • 抜歯することなく歯並びをきれいにできる
  • 取り外せるので、通常どおりに食事や歯磨きができる
  • 取り外して洗浄できるので、衛生的
  • 装着時間が短いと治療効果が現れにくくなる
  • 決まった日時にねじを回す必要があり、回し忘れると治療効果が現れにくくなる
  • 取り外せるので、破損や紛失しやすい
  • 装置を外すと、歯が元の位置へ戻ってしまう後戻りという現象が起こることがある