川口の予防歯科・インプラント・矯正歯科
『川口 予防歯科・自由診療ガイド』│
予防への取り組み

予防への取り組み

preventive dentistry 予防歯科とは

予防歯科とは

『予防歯科』では、「口の病気になってから治す」という考え方ではなく、「口の病気を防ぐ」という考え方に基づき、病気を予防するためのさまざまな取り組みを行なっています。
虫歯や歯周病などの口の病気になったら、すぐに歯科医院で治してもらうべきであり、病気を治すのは歯科医院の大切な役割です。しかし最近は、『治す』以上に『防ぐ』に力を入れる歯科医院が増えています。
それはなぜでしょうか。

たとえば虫歯の治療を受けた場合、虫歯の部分を削って詰め物や被せ物で補えば、痛むことも症状が進行することもなく、日常生活に支障をきたすことはありません。このように、治療が終われば「虫歯が治った」と思ってしまいますが、「歯が元の健康な状態に戻った」ということにはなりません。
なぜなら、一度病気になった歯は、弱くなってしまうからです。どんなに痛みや症状の進行がなくなっても、歯自体が元の健康な状態に戻ることはないのです。
つまり、「歯科医院で治してもらえばいい」という考えを持ち、病気になるたびに治療を繰り返していると、歯はどんどん弱くなっていき、口の健康は失われていく一方なのです。

生涯、心と体の健康を維持していきいきと過ごすためには、満足に食事や会話をし、日常生活を楽しむことが大切ですが、口の健康が失われてしまえば、それができなくなってしまいます。
つまり、心身ともに健康に過ごすためには、口の健康を守るということが大前提であり、それが予防歯科の重要性につながっているのです。

当院では、患者様の年齢、口の状態、ライフスタイルなどから総合的に判断し、PMTC(歯面清掃)、フッ素塗布、歯磨き指導、定期検診などを組み合わせ、その方に合った予防方法をご提案しています。
多くの方が積極的に予防歯科に取り組み、生涯にわたって心身ともに健康に過ごせるよう、歯科医師、歯科衛生士がお手伝いさせていただきます。

Failure Prevention 予防を怠ると

予防を怠ると

予防を怠った場合、最も発症のリスクが高い病気は、虫歯と歯周病です。
これらは私たちが最もかかりやすい口の病気であり、ほとんどの方に「歯科医院で虫歯を治してもらった」という経験があるのではないでしょうか。また、歯を失う原因の1位は昔も今も変わらず歯周病となっていますが、このことからも、身近な病気であることがわかるでしょう。
虫歯も歯周病も身近な病気ではありますが、どちらも細菌による感染症なので、原因を理解し、正しいケアを続けていれば予防することができます。

虫歯の原因 cause of tooth decay

ミュータンス菌などの虫歯菌が食べ物の糖分を栄養源として増え、歯の表面につき、酸を出して歯を溶かします。
虫歯菌が歯肉の炎症の原因になることはありますが、虫歯自体は歯だけにできて進んでいきます。

歯周病の原因 cause of periodontal disease

歯周病の原因

ポルフィロモナス・ジンジバリス菌などの歯周病菌が、歯と歯肉の間に溜まっていき、毒素を出して歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)などの歯周組織などを溶かします。
歯周病菌が増えると、口の中の環境が悪化して虫歯を発症しやすい状態にはなりますが、歯自体には影響がなく、歯周組織だけで進んでいきます。

細菌の種類や進行する場所は異なりますが、虫歯も歯周病も、原因は細菌にあります。
つまり、どちらも「いかに細菌を減らすか」という視点に立って予防に取り組むことが大切なのです。

最も基本的な予防方法は、誰もが行なっている「歯磨き」です。毎日歯を磨くなかで、磨くタイミング、磨き方、磨く長さ、歯ブラシや歯磨き剤の選び方などを意識するだけで、予防効果が高まります。
当院では歯磨き指導を行なっているので、ぜひ正しい磨き方を身につけ、予防への第一歩を踏み出しましょう。そして正しい磨き方を身につけたら、怠らずに継続して取り組みましょう。

commitment 欧米での予防への取り組み

欧米での予防への取り組み

いまでこそ、予防歯科を提唱する歯科医院が増え、私たちにもその考え方が広まりつつありますが、それでも歯科先進国の欧米に比べてまだまだその歴史は浅く、予防のレベルにも大きな差があります。

それが端的にわかるのが、平均残存歯数というものです。これは80歳で何本の歯が残っているかを各国が調査したものです。スウェーデンは20本、アメリカは16本なのに対し、日本は9.8本という少なさでした。これは2011年の調査結果なので、そこまで古いデータではありません。
スウェーデンは国をあげて口の健康の維持・向上に取り組んでおり、その一環として予防歯科への取り組みにも力を入れています。それが、この調査結果に現れています。
日本は予防よりも治療を中心に行なってきた歴史が長いので、スウェーデンの約半分しか、歯を残せていないのです。

また、アメリカでは、虫歯予防効果のあるフッ素を水道水に混ぜて、予防効果を高める努力をしています。このフッ素添加は1945年から行なわれているので、2016年現在で70年以上も行なわれていることになります。

このように、国をあげて予防歯科に取り組んでいる欧米に比べ、日本の予防歯科は発展途上中です。「80歳で20本以上自分の歯を残す」という『8020運動』などが提唱されていますが、歯科先進国である欧米を見習い、今後も予防歯科に関する国をあげての取り組みが積極的に行なわれ、浸透することを願うばかりです。

aims 『治す』より『防ぐ』を目指して

『治す』より『防ぐ』を目指して

『治す』より『防ぐ』を重視している欧米では、予防歯科への取り組みが生活の中でごく当たり前のこととして根付いています。その結果、国民の多くが口の健康の維持・向上を実行できているのです。

日本では予防歯科を提唱する歯科医院が増え、実際に予防のために積極的に歯科医院に足を運ぶ方が増えているとはいえ、まだまだ欧米には追いつかないというのが現状です。
生涯にわたって心身ともに健康に過ごすためには、口の健康を守ることが大切です。治療を繰り返して口の健康が損なわれることのないよう、積極的に歯科医院に足を運び、PMTC(歯面清掃)、フッ素塗布、歯磨き指導、定期検診などを行ない、『治す』より『防ぐ』を目指しましょう。