川口の予防歯科・インプラント・矯正歯科
『川口 予防歯科・自由診療ガイド』│
予防歯科診療

予防歯科診療

pmtc PMTC

PMTC

毎日きちんと歯磨きしていても、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)、歯と歯の間などの細かい部分は磨きにくく汚れを落としにくいので、少しずつ歯垢(細菌の塊)が溜まっていき、それが虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

このような汚れを落として虫歯や歯周病を予防したいという方にお勧めなのが、PMTCです。
『PMTC』はProfessional(歯科医師や歯科衛生などのプロによる)・Mechanical(機器を使った)・Tooth(歯の) ・Cleaning(クリーニング)の略で、歯科医院の専用機器で研磨剤などを使いながら歯をクリーニングすることです。
PMTCを行なうことで、自分で行なう歯磨きでは落とせなかった汚れを、細かい部分まで落とすことができます。最後は研磨剤で磨き上げて表面を滑らかにし、再び歯垢がつくのを防ぎます。さらに、仕上げとして虫歯の予防効果のあるフッ素を塗るので、虫歯や歯周病を効率的に予防することができます。 また、茶シブやたばこのヤニなどによる着色も、軽度であれば落とせるので、白さとつやのある美しい見た目になります。

1回行なうだけでも効果的ですが、予防効果を持続させるためにも、年に数回、定期的に行ないましょう。

flourine coating フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は、正しくはフッ素と別のものが結合したフッ素化合物のことをいい、地中、水中、すべての動植物など自然界のあらゆる場所に存在する物質です。

フッ素には歯質を強くする働きや細菌の活動を抑える働きがあり、他の物質の影響を受けにくいという特徴があります。歯の表面に塗ると膜ができ、汚れがつきにくくなるため、虫歯の予防に効果があるとされ、世界中で利用されています。

特にお子様の生えたての乳歯は、永久歯に比べて細かく深い溝が多く、酸にも弱いため、虫歯になるとすぐに進行してしまいます。そのためお子様にフッ素塗布を行なうのはとても効果的です。ただし効果は永久ではないので、約3ヵ月に1回行なうことをお勧めします。
なお、当院では小児(乳幼児・児童)を対象にフッ素塗布を無料で行なっています。

フッ素塗布は、お子様はもちろん、年齢を問わず虫歯の予防効果を発揮するので、大人にも有効です。

Tooth Brushing Guidance 歯磨き指導

歯磨き指導

歯磨きの目的は、歯垢を落として細菌を減らすことです。それにより、虫歯や歯周病・口臭を予防できます。正しい歯磨きは、口の病気の最も基本的な予防方法です。

毎日歯を磨くなかで、磨くタイミング、磨き方、磨く長さ、歯ブラシや歯磨き剤の選び方などを意識することで予防効果が高まります。それらを念頭に置いた正しい磨き方をしっかりと身につけられるよう、当院では歯磨き指導を行なっています。

毎日歯を磨いているのに、虫歯や歯周病になってしまうという方は、正しく磨けていない可能性があります。ただ磨けばいいのではなく、きちんと磨いて細菌を減らさなければ、せっかくの歯磨きも無駄になってしまいます。
歯並びや磨き方の癖によって、どうしても磨き残しが出てしまうので、患者様の磨き方を拝見し、正しく磨いてきちんと細菌を減らせるよう、磨き方をご指導します。

regular checking 定期検診

定期検診

生涯、心と体の健康を維持していきいきと過ごすには、口の健康を守るという大前提があります。そのためには、毎日歯磨きなどのケアを行なうのはもちろん、口にトラブルが起きないよう歯科医院で定期検診を受けることが大切です。

定期検診では、虫歯や歯周病になっていないか、詰め物や被せ物に不具合はないか、歯肉や粘膜の状態は良好か、歯並びや噛み合わせは良好か、などの確認をします。また、PMTCや歯磨き指導を行ないます。

口の状態によって異なりますが、予防を意識して3~6ヵ月に一度は定期検診を受け、口の健康づくりに努めましょう。

Salivary Multi Test 唾液検査

唾液検査

当院では、唾液因子を測定できる「サリバリーマルチテスト(多項目・短時間唾液検査システム)」を導入しています。
わずか5分で歯の健康・歯ぐきの健康・口腔清潔度に関する6項目の状況が一目で分かります。

短時間で済む唾液検査を定期的に行うことによって、口腔内のデータを蓄積し、虫歯菌の状況や酸性度から歯が溶けやすい状況かどうかがわかります。
また歯ぐきの健康状態、口臭に関するチェックもグラフで見ることができるため、常に適切な予防治療やケアができます。